院内・設備紹介|大田区の動物病院なら、動物病院エル・ファーロ

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ・電話
  • 大田区・動物病院エル・ファーロ・メニュー

院内紹介

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    受付

    スタッフが丁寧に対応いたします。お困りのことがありましたら、お気軽にお声がけください。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    待合室

    ゆったりお待ちいただけるよう、広いスペースを取っています。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    診察室

    通常診察を行う部屋です。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    処置室

    超音波検査装置をはじめとする、各種機器を用いた検査や処置を行う部屋です。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    検査スペース

    血液検査などの各種検査を行う部屋です。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    手術・レントゲン室

    手術およびレントゲン撮影を行う専用の部屋です。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    入院室(犬用)

    犬用入院室と猫用入院室は別々になっています。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    入院室(猫用)

    犬用入院室と猫用入院室は別々になっています。

設備紹介

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    内視鏡

    内視鏡を使うと食道や胃、腸などの消化管内部を視覚的に観察することができます。レントゲンやエコーでは判らない異常を見つけ、診断することが可能になります。
    また、異物を誤飲した場合には、開腹せずに内視鏡で取り出すことができる場合もあります(内視鏡では取れない異物や、腸閉塞を起こしている場合などは開腹手術により取り出します)。
    *動物の内視鏡による検査、処置は全身麻酔下で実施します。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    超音波検査装置

    肝臓・腎臓・脾臓・膵臓・子宮・膀胱・副腎・消化管などの腹腔内臓器の異常を見つけることができます。
    またカラードップラーなどの機能を利用して心臓を詳細に検査することで心臓弁膜症や先天性心奇形などの異常を見つけることが可能です。

    超音波検査・循環器科の特別外来(完全予約制)を行っています
    当院では専門医による超音波検査および循環器科(心臓病)の特別診療を実施しております。
    まずは通常の診察を受けていただき、必要に応じて診察予約を入れていただきます。ご希望の方はスタッフまでお申し出下さい。

    >> 診断医のご紹介はこちら
  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    FCR:デジタルX線画像診断装置

    従来のX線フィルムに代わり、デジタル化されたX線画像情報をコンピュータで管理するFCRシステムを導入しています。撮影したX線画像はすぐに診察室のディスプレイに表示されますので、飼い主様もクリアな画像を見ながら検査結果の説明を聞いて頂くことができます。
    また、画像のデータ管理も非常にしやすく、以前に撮影したレントゲン画像との比較を簡単に行うことができます。
    撮影した画像をCDなどのメディアに出力することも可能なので、大学病院や二次診療施設へのご紹介の際にも非常に便利です。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    血液検査機器

    一般的な血液検査(血球検査・血液化学検査・電解質測定など)は院内で迅速に実施することができます。

    >> 血液検査の見方はこちら
  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    血液凝固検査器

    血液の凝固機能(出血の際などに正常に止血されるかどうか)を検査します。手術の際の術前検査や、出血傾向のある疾患の検査などに使用します。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    眼科検査機器

    眼圧測定や眼底検査のための機械を導入しています。
    犬、猫の眼の病気は自覚症状を自ら訴えないために発見が遅れることが多いため、異常を早期に発見することが大切です。
    検査の結果、高度な治療や手術が必要な場合は、必要に応じて眼科専門病院にご紹介いたします。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    凍結治療機器

    凍結治療を行うための機器です。体表にできた比較的小さなイボなどに対し、亜酸化窒素ガスを噴射することで凍結・融解を繰り返し、腫瘤の壊死による縮小を促進させる治療機器です。
    腫瘤の深さや大きさにもよりますが、通常は3~5回程度で除去が可能となります。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    歯科(スケーリング)用機器

    3歳以上の犬・猫の約80%が歯周病に罹患していると報告されています。家庭での日々のデンタルケアが重要なのはもちろんですが、これに加えて全身麻酔下での歯石除去(スケーリング)を1年に1回程度実施することが推奨されます。
    当院ではこれらの機器を使用して歯石除去や抜歯、ポリッシング(仕上げ磨き)などの処置を行っており、歯周病の治療に力を入れています。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    ネブライザー

    薬剤を霧状にして直接気道内に到達させるための医療機器です。肺や気管支など呼吸器の疾患の際には、1回に約20〜30分程度のネブライジングを行い、この治療を数日ごとに何度か繰り返し行うことが推奨されます。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    マイクロチップリーダー

    動物の皮下に設置したマイクロチップのIDナンバーを読み取る機器です。
    迷子で保護された犬や猫が当院に連れてこられた際に、マイクロチップが設置されていれば、IDナンバーを確認して管理センターに照会することで飼い主さんを見つけることができます。

    >> マイクロチップの詳細はこちら
  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    マイクロサージェリー用手術器具

    眼科手術や血管の縫合など、拡大鏡などを使用して行う細かな手術の際に使用する器具です。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    顕微鏡&iPad

    顕微鏡で観察した映像をiPadに表示・保存することができます。飼い主様と一緒に画像を見ながら、検査結果の説明をさせて頂きます。

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ

    保温装置・体圧分散保温マット

    ヒトに比べて身体の小さな動物は全身麻酔により体温が低下し易く、術中の低体温は麻酔からの覚醒遅延など様々なリスクに繋がるため、麻酔中の体温管理は非常に重要です。
    当院では手術中の低体温を防ぐための温風による保温装置と、体圧分散保温マットを導入しています。
    マットの内部を通過する温風が動物の体全体を包み込んで身体を温めてくれます。また、体圧分散により組織の血流停滞を防ぐことで、麻酔中の低温火傷のリスクを回避することができます。