ブログ・コラム|大田区の動物病院なら、動物病院エル・ファーロ

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ・電話
  • 大田区・動物病院エル・ファーロ・メニュー

2017.11.02(木)

▽「熱射病」その予防と応急処置

夏場に頻繁に発生する救急疾患のひとつに、「熱射病」があります。熱射病は、日中の炎天下に長時間散歩や運動をさせたり、高温の閉め切った室内で留守番をさせたり、あるいは車の中に置き去りにしたり、と言った場合に多く発生が見られます。特に夏休みなどの行楽シーズンには、旅行先でこのような事態に遭遇する可能性もありますので、いざと言うときに慌てず適切な応急処置ができるように、ある程度の知識を持っておくことはとても大切なことです。
万が一、熱射病になってしまった場合でも、早い段階で適切に処置をすることで、重症になるのを防ぐことができます。しかし高体温の状態のまま長時間経過してしまった場合には、重症となり命を落とすことも稀ではありません。
大抵のケースでは、熱射病はその発生を予防することが可能なことが多く、従って熱射病は「なってから治療する」よりも「ならないように予防する」ことが重要である、と言うことが出来ます。

 

▽「熱射病」の症状

「熱射病」はその名の通り、体温が異常に上昇してしまうことで引き起こされる病気です。正常な犬や猫の体温はおよそ38.5度くらいですが、熱射病になると40~43度くらいにまで上昇します。熱射病の動物は呼吸が速くなり、口を開けて舌をダラッと出した状態で呼吸する「開口呼吸」という状態が見られます。また涎が大量に出ることもあります。中程度の熱射病では、動物はぐったりして、立ち上がったり歩いたり出来ないようになります。そしてこのような状態が長引くと、脱水が進行してショック状態となり、痙攣や発作などの神経症状を起して、場合によっては命を落としてしまうこともあります。
「日射病」というのは、熱射病のひとつですが、特に直射日光に曝された場合に起こるものを指します。日射病では、全身の体温の上昇と共に、直射日光により頭部の表面温度が異常に上昇することで、脳の浮腫(水ぶくれの様に腫れてしまうこと)が引き起こされるので、痙攣などの神経症状が比較的頻繁に発生します。
病態が進行して「ショック状態」になってしまうと、それまで激しかった呼吸が弱々しくなり、止まってしまうこともあります。庭先や車内などでぐったりしている状態の犬を発見し、その原因として熱射病が強く疑われる場合に、もしも呼吸が弱い、あるいは殆ど停止しているようなときは、非常に危険な状態であると判断されます。このような場合には、以下に説明するような処置を迅速に実施すると共に、直ぐに近くの動物病院で診察してもらう必要があります。

 

▽「熱射病」の応急処置

ここで説明するのは、「熱射病」が強く疑われる場合に行うべき「応急処置」です。応急処置は、あくまで病院に連れて行くまでの緊急的な処置であり、「これを行えば病院に連れていく必要がない」、ということでは決してありません。処置によりある程度状態が落ち着いたとしても、他に異常がないかどうかを調べるため、病院できちんと診察を受けることをお勧めします。
熱射病の動物に対してまず一番最初にすべきことは、体温を下げることです。人間の熱射病では、「体温が正常になるまでに要した時間が長いほど死亡率が増加した」という報告があります。つまり、できる限り早く体温を下げる処置を開始する必要があるということです。まず動物を涼しい場所に移動させます。体温を下げる処置として一番手っ取り早いのは、動物の体にホースで直接水をかける、あるいは全身を水に浸けてしまう事です。このとき注意しなければならないのは、決して氷水やあまりに冷たすぎる水を使用してはいけない、と言うことです。氷水や冷水を使用すると、体の表面の血管が収縮することで、却って体の奥に熱が篭ってしまい、結果として体温の下降を妨げることになるからです。自分の手で触って、ちょっとぬるいくらい(17~20度位)が丁度良いでしょう。
その他、水を体の表面にスプレーする、濡れタオルをかける、などの処置を行うことが出来ます。病院に到着するまでの車内では、このような処置を継続することが重要です。このとき同時に、うちわや冷風ドライヤーで水分を蒸発させながら、蒸発したらまた濡らすことを繰り返すと、蒸散により熱が奪われるので、効率良く体温が下降するのを助けます。
濡れタオルなどで体を冷やすときは、体全体を冷やすことはもちろん重要ですが、特に脇の下や内股、首の周りなどの「太い血管」の走行している場所を重点的に冷やすと効率的です。人間ではよく氷嚢や「ゼリーシート」などで額を冷やすことがありますが、額には太い血管はありませんので、この方法は実際には有効ではありません(但し「気持ちが良い」と言う意味では無駄ではないかもしれません)。

 

あまり熱心に冷やしすぎて、体温が下がり過ぎてしまうことがあります。特に猫や小型犬では、このような事故が起こりやすいので、冷やし過ぎないように注意が必要です。出来れば直腸から体温を計って、39度前後になったら一旦冷却処置を中止するのが安全な方法です。
熱射病による「高体温」は、炎症や感染症による「発熱」とは異なりますので、「解熱剤」は使用しても全く意味がありません。却って消化管潰瘍や腎不全などの副作用が出てしまうこともありますし、そもそも獣医師の指示を受けないでこのような薬剤を使用することは非常に危険ですから、このようなことは絶対にしないで下さい。

 

▽「熱射病」にしないための予防

とにかく「熱射病」を引き起こすような環境に、動物を置かないことが基本です。日陰の無い庭に放して(あるいは繋いで)置かないこと、(絶対に!)車内に置き去りにしないこと、閉め切った室内で留守番させないこと(窓を開けるなどして換気を良くする、あるいは暑くなる時間帯にはクーラーが点くようにタイマー予約をしておくこと)などが大切です。
肥満の犬、ブルドッグやパグ、シーズ-などの「短頭犬種」、高齢の動物、心臓や呼吸器系に疾患を持っている動物は「熱射病」の発生リスクが高いので、特に注意が必要です。また、被毛の密な北方原産の犬種なども、暑さには弱いので、特に夏場は注意深いケアが必要になります。
以上の点に注意すれば、殆どの場合熱射病を防ぐことは可能ですので、普段から気をつけて、熱射病から動物達を守り、暑い夏を乗り切りましょう。

2017.11.02(木)

▽術前検査の必要性

手術をするためには、全身麻酔をかけなければなりません。全身麻酔の安全性は、獣医麻酔学の発達と共に年々向上しています。しかし、腎臓や肝臓、あるいは心臓などに問題があると、全身麻酔により様々な障害が発生する危険性が高くなります。
手術の前に血液検査をはじめとする幾つかの検査を受けることにより、隠れた異常を見つけることが可能な場合があります。つまり、術前検査を行うことで全身麻酔のリスクをある程度予測することが出来るのです。通常、術前(麻酔前)に必要となる検査には「身体検査」と「血液検査」がありますが、動物の状態や年齢、実施する手術・処置の内容、基礎疾患の有無などにより、検査の内容は異なりますので、獣医師よりその都度ご提案をさせて頂きます。

 

術前の身体検査で何らかの異常が見られた場合や、血液検査で異常な項目が判明した場合には、結果に応じて追加の検査が必要になることもあります。例えば、聴診で心臓に雑音が聴取された場合には、心臓の検査(レントゲン・エコー)が必要になります。また血液検査の結果、「肝臓の数値」に異常が見られた場合には、肝臓の超音波検査や肝機能検査、血液凝固系の検査などが必要になる場合があります。

 

猫の場合にはFIV(猫エイズ)やFeLV(猫白血病ウイルス)、FIP(猫伝染性腹膜炎)などのウイルス感染が、麻酔のリスク上昇に関連しているという意見もあります。これらのウイルスは発症せずに「潜伏感染」していることが多く、麻酔をかけて手術をすることで発症する可能性もあります。これらのウイルス検査は、通常の術前検査には含まれていませんが、リスクが高いと思われる場合や特にご要望がある場合には実施することが出来ますので、お申し出ください。

 

いずれの検査も、麻酔や手術を安全に行うために必要な検査です。但し、これらの検査を行うことで「隠れている全ての異常を検出」出来るという訳ではありません。残念ながら一般的な検査では見つけることが困難な異常/病気もあります。また麻酔をかける全ての動物に対して超音波やレントゲンその他諸々の(必要性があまり高くないと思われる)検査を毎回実施するのはあまり現実的ではありません。もちろん、全ての異常を見つけることが出来ないからと言って「術前検査が無駄」という訳ではありません。術前検査の目的は「麻酔がかけられるかどうか?」という単純な線引きをすることではなく、麻酔をかけるにあたって重大なリスクとなる大きな異常/疾患が無いか、あるとすればその程度はどのくらいか、麻酔を掛ける前に治療や対処が必要か、どのような点に注意して麻酔をかけるべきか、などの情報を得ることで、可能な限り麻酔〜手術のリスクを減らすことにあるのです。

 

▽手術前日・および当日の注意

麻酔をかけると全身の反射機能が低下します。もし、胃に食べ物が入ったままの状態で麻酔をかけると、麻酔中〜覚め際に嘔吐することがあり、吐いたものが気管に詰まって、窒息や術後の肺炎・食道炎の原因になることがあります。したがって、手術当日の朝食は必ず抜いてください。ただし、お水は特に制限する必要はありません。前日の夕食は通常通りに与えてかまいません。但し夜の8時〜9時くらいまでに食べ終わるようにして、それ以降は翌朝まで水以外のものは与えないで下さい。

当日は、避妊・去勢手術であれば10時半までに病院にお越し下さい。それ以外の手術に関しては、個々の状態に応じてこちらで来院時間を指示させていただきます。

 

消化管の手術を行う場合や、消化器系の症状が見られる場合には、術前の食餌などに関して個別に注意事項を説明しますので、獣医師の指示を良く守ってください。

2017.11.02(木)

様々な怪我や病気、手術に伴って生じる「痛み」を管理することを「ペインコントロール」と言います。痛みをコントロールすることは、病気や怪我の根本的な治療にはなりません。しかし痛みを上手にコントロールすることで、痛みの原因となっている病気や怪我の治癒がスムーズになったり、治療中の患者のQOL(Quality of Life;生活の質)が改善されることが判っています。

 

ヒトの医学では、もう十数年前から癌などによるターミナルケア(終末期医療)の中でのペインコントロールの重要性が認識され、現在ではモルヒネなどの鎮痛剤を使用したペインコントロールがかなり一般的になって来ましたが、それ以前は「治療のためには患者は少々の痛みを我慢するのが当たり前」という考え方が一般的でした。

 

これは動物でもほぼ同じ状況で、昔は「動物はヒトに比べて痛みを感じない」などと考える人達も沢山いましたし、現在でも「手術後に痛みを抑えない方が、動物が動かないので治癒が早い」などと言う考え方をしている人達もいます。しかしこれは明らかな間違いで、現在では(少なくとも犬や猫、牛や馬などの哺乳類に関しては)動物もヒトと同様に痛みを感じていると言うのが一般的な見解となっています。また、手術の後などには、術前から鎮痛剤などで適切なペインコントロールを行うと、術中・術後の疼痛の発生が少なく、回復も早いと言うことが様々なデータから明らかになっています。

 

例えば、術中・術後の痛みをコントロールせずにしておくと、ストレスホルモンが多量に分泌され、術後の回復の妨げになることが示唆されています。また、強い痛みを感じると、その部位の筋肉が過剰に緊張したり血管が収縮して血行が悪くなり、結果として術創の治癒が遅れる可能性があると考えられています。人間の手術の場合でも、最近では殆どの開腹手術(場合によっては心臓の手術などでも)では手術翌日にはベッドから起き上がり、なるべく早く退院させるのが常識となってきているのはご存知のことでしょう。「術後に必要以上に安静にさせること」が却って回復を遅らせ入院期間を無駄に延長させていることが判って来たこと、そして術前・術後のペインコントロールが一般化して来たことで、このような早期の退院が可能になったのだと思われます。

 

このように、あらゆる場面で「痛みをコントロールすること」は、治療を速やかにしたり、患者自身の闘病生活を快適なものにしたり、病気や術後の回復を早めたりする上で非常に重要な因子となります。当院では、癌や慢性の関節炎などの病気に対してはもちろんのこと、避妊・去勢手術やその他の手術の際にも、最も適切と思われる方法で必ずペインコントロールを実施しています。

 

 

当院で避妊手術を受けられた犬のご家族の方の中には、退院後に本人(犬)が術創を痛がる様子もなく普段と殆ど変わりなく歩き回ったり走ったりする様子を見て、

 

「すごいですねぇ。やっぱり犬って人間みたいに痛みを感じないんでしょうか?」

 

と感心される方が時々いらっしゃいます。 しかし、上記の説明でもお分かりのように、術後にこの犬が殆ど痛がる様子を見せないのは、「犬は痛みを感じない」からではなく、ペインコントロールを適切に実施しているからというのがその理由なのです。特に、手術前;つまり痛みの原因となる侵襲が生じるよりも前に鎮痛剤を投与して、痛みを引き起こす物質の産生を抑えることにより、効率良く疼痛を抑えることが出来ます。この方法は「先制鎮痛療法」などとも呼ばれていますが、痛みが生じてから鎮痛剤を投与するよりも効果的であることが判っています。また必要に応じて異なる系列の複数の鎮痛剤を併用したり、局所麻酔や神経ブロックと言う方法を併用したりすることで、さらに確実なペインコントロールを実施することが可能となります。

 

その他にも、手術後の疼痛を抑えるためには、手術中の組織の扱い方や縫合方法(例えば腹壁の縫合の際には腹膜を縫わないこと、など)も非常に重要なファクターとなります。私見ですが、縫合方法を改善し、きちんとペインコントロールをするようになってから、(多少の個体差はあるものの)術創を舐めて傷が開いてしまった、というような事故がかなり減少したように思います。この点を見ても、ペインコントロールを実施することで術創を気にすることなく、術後早期から快適な生活を送ることが可能になる、と言うことが分かります。

 

交通事故や胃捻転・胃拡張などのような緊急手術の場合ならある程度痛くても仕方がない(もちろんこのような場合でもペインコントロールは必要ですが)と考えることも出来ますが、避妊や去勢手術のように「病気ではないが普通に生活する上で必要な手術」の場合には特に、必要以上の痛みやストレスを与えて精神的トラウマを生じさせたり、「病院嫌い」「獣医嫌い」にさせたりすることは、可能な限り避けたいと考えるのが普通ではないでしょうか?

 

注)痛みの感受性は個体差が大きく、動物の品種や年齢、怪我や手術の部位などにより大きく異なります。また本文中にもあるように、先制的なペインコントロールが可能な状況であったかどうか、という部分も非常に大きな因子となります。特に骨や中枢神経の傍などに転移した「癌」による痛みはコントロールが非常に困難です。当然ながら全ての「疼痛」を完全に除去することは不可能であり、場合によってはペインコントロールを実施しているにも関わらず強い痛みを生じてしまうケースがあることをご了承ください。

2017.11.02(木)

手術の際には通常、最後に皮膚を縫合します。普通はナイロン糸などの「非吸収性・モノフィラメント」の糸を使用しますが、ステープラー(皮膚縫合用ホチキス)などを使用する場合もあります。
一昔前までは、縫合した術創を毎日イソジンなどの消毒液で消毒する、というのが「常識」でしたが、現在はそのような行為には意味が無いということが判っており、退院後に毎日傷口の消毒をして頂く、などということはありません。むしろ、消毒をすると傷の治りが遅れる可能性があるため、縫合した術創の消毒は「してはいけない」というのが現在の常識です。

 

動物の場合は、縫合創を舐めたり齧ったり、引っかいたりして、縫った皮膚が開いていしまったり糸が取れてしまったりすることがあります。このような事態を防ぐため、術後数日間はエリザベスカラーや腹帯(術後衣)などを利用して、傷を舐められないようにするなどの必要があります。しかし、術創をそれ程気にしない動物の場合には、軽く包帯を巻いたり、T-シャツなどを着せて傷を直接舐めないようにするだけで充分なこともあります。

 

ナイロン糸やステープラーで皮膚を縫合した場合には、一般的な手術なら術後1週間から10日で抜糸ができます。退院から抜糸までの間は、特に家でしていただくことはありませんが、舐めたりしないように充分注意していただく必要があります。不妊・去勢などの手術では、術後に全力疾走で走り回ったり転げまわったりしない限り、必要以上の「安静」は必要ありません(もちろん手術の内容によって安静が必要な場合もあります。個々の手術により術後の注意事項が異なりますので、その都度詳しくご説明します)。

 

下の写真は、当院で行った犬の不妊手術の術創管理の様子です。当院では犬の不妊手術などの閉腹の際には、写真1のように「吸収性・モノフィラメント」を使用して連続真皮縫合を行うことが多く、皮膚の縫合はしません。開腹手術などの「テンション」がかからない部分の縫合の場合には、この方法を適応することができます。この縫合創にフィルムドレッシングを被覆したのが写真2です。フィルムドレッシングは非常に薄いため、写真ではちょっと判り難いかもしれません。この犬の場合には、エリザベスカラーはせずに、家で洋服を着せて傷を直接舐めないようにしてもらいました。特に包帯も巻いていません。

 


写真1


写真2

 

写真3は術後3日目の写真です。フィルムの下に滲み出た血液で少し茶色くなっていますが、特に問題はありません。フィルムをはがしたのが写真4です。皮膚を縫合していないため抜糸が不要で、フィルムを使用しているため「カサブタ」ができず、傷が非常にきれいにくっついているのがお分かりになると思います。


写真3

写真4

 

術創はフィルム材で保護されていますので、自宅で傷を消毒する必要もなく、3日経ったらフィルムを剥がして終わり、という非常に簡単な術後管理方法です。また、腹壁・皮下組織・真皮の全てを吸収糸で縫合しているため、最終的には術創内部に「糸=異物」が一切残りません。

 

▽注意点

消化管吻合や子宮蓄膿症、細菌性の腹膜炎など、汚染・感染を伴う手術では、上記のような閉鎖方法ができない場合があります。実際にどのような方法で縫合・閉鎖するかは手術毎に獣医師が最善と思われる方法を選択することになります。

2017.11.02(木)

皮下注射や静脈注射をする前に、注射部位の皮膚を消毒用アルコールで「ゴシゴシ」拭いてから注射をするのは、昔からどこの病院でも見慣れた光景となっています。人の病院でも、いまだに殆どの病院で「注射前のアルコール消毒」をしているのが現状です。しかしこの「皮膚のアルコール消毒」は、実は医学的には全く意味の無い行為である事が明らかになっています。

 

▽アルコール消毒が無意味である理由

その1)皮膚の表面をアルコールで拭いても皮膚は「無菌」にはならない。

アルコールを含め、どんなに強力な消毒薬で皮膚表面を消毒しても、皮膚は「無菌」にはなりません。たとえ皮膚の表面が一時的に「ほぼ無菌」に近い状態になったとしても、毛穴や皮脂腺の中には皮膚常在菌が生存しています。これを全て殺滅するためには、皮膚がボロボロになるくらい強力な消毒剤を使用するか、ガスバーナーで皮膚ごと焼いてしまう(!!)くらいしか方法がありません。もちろんこんなことは現実には不可能です。ですから、アルコール消毒で皮膚の表面を無菌にすることは出来ないのです。

その2)アルコール綿で拭いただけでは消毒にならない

それでもアルコールと言うのは優れた消毒薬です。しかし、アルコールの消毒効果を最も効率良く引き出すためには、アルコール綿で「サッ」と皮膚を拭いただけでは駄目なのです。アルコールで器具などを消毒する場合は「浸漬」という方法が最も効果的です。これはアルコールのプールの中に器具全体が完全に沈むようにして、10分間漬け置きする方法です。しかし皮膚にこの方法を応用することは出来ませんので、たっぷりとアルコールを染み込ませた綿花を使用して皮膚の表面を「拭く」のが一般的な方法となっています。この場合、アルコールの消毒効果が一番出るのは、アルコールが蒸発して皮膚面が乾燥する瞬間である、と言われています(それでも無菌にはなりません)。ところが、多くの病院ではアルコールが完全に乾く前に注射の針を皮膚に刺しています。でもそれで実際に「感染が起きた」と言う話は滅多に聞いた事がありません。つまり、今まで消毒していたつもりでも、実際にはきちんと消毒の効果が得られていなかったと言う事になる訳です。それでも感染が起きていないということは、「注射の前に消毒しなくても問題ない」ということがこれまでの経験から既に実証されている、ということになります。

 

その3)アルコール綿は意外に汚染されていることが多い

アルコールの中で生存できる細菌というのは意外に多く存在します。アルコールは医療現場で非常に多く使用されていますから、徐々にアルコールに耐性を持つようになった細菌も増えているようです。また、アルコール綿を作り置きしているような場合には、アルコールが蒸発して濃度が低下している場合もあります。特にこのようなアルコール綿の入れ物の中では、アルコールに耐性を持った細菌が繁殖している、という報告があります。汚染されたアルコール綿を注射部位の皮膚に使用することは、「何も使用しない」場合よりもずっと危険である可能性があります。常在菌は通常、その菌を保有している本人には何ら悪影響を与えませんが、外から持ち込まれた細菌は病原性を示す可能性があるからです。このような場合は、アルコール消毒は「無意味」と言うよりむしろ「有害」ということになってしまいます。

 

その4)皮膚の常在菌が注射針により組織内に持ち込まれても「感染」は起きない

通常の量の常在菌がそこにいるだけでは、「感染」は起きません。感染が成立するためには、組織1g中に細菌数が10万個~100万個に増殖するような生体側の問題があるか、あるいは細菌の増殖の場となる「異物」が存在する事が必要です(「感染の定義」はこちらを参考にしてください)。注射の針によって僅かな常在菌が組織内に持ち込まれたとしても、自身の白血球や免疫システムが正常に働いて、少数の細菌は直ぐに取り除かれてしまいます。従って、血行を欠いた大量の壊死組織の中に注射をするような場合を除き、健康な組織内に針を刺入して注射をする場合には、「感染」を成立させるための条件が揃わないため、感染は起き得ないのです。
実際にアメリカでは、糖尿病患者のインスリン注射はアルコール消毒などせずに、服の上から「ブスッ」と注射するのが常識となっているそうです。

 

その5)アルコール消毒の弊害

アルコールには非常に強い粘膜刺激性があります。アルコールが乾かないうちに注射の針を刺す事は、上記のように消毒効果が不十分になるだけではなく、針の刺入により組織に痛みを生じさせる原因となります。また、炎症や傷のある皮膚面にアルコールを使用すると非常に強い刺激性を示すため、このような皮膚には使用できません。

 

▽皮膚の消毒が必要と考えられるケース

上記の(その4)でも少し触れましたが、注射をする皮膚の下に大量の壊死組織や血行を欠いた組織などがある場合には、少量の常在菌でも、その中で増殖して「感染」を引き起こす可能性があるため、皮膚の消毒は充分に行う必要があります。このような場合には、アルコール消毒だけでは不十分なので、クロルヘキシジンのスクラブやポピドンヨードなどを使用して充分に消毒します。もちろんそれでも皮膚表面が完全に無菌になるわけではありません。しかし、このようなケースでは、組織内に持ち込む細菌の数を出来る限り少なくすることに意味があると考えられるため、皮膚の消毒が必要であると判断されます。

 

その他、皮膚の消毒が必要となるケースとしては、胸水や腹水、心嚢水(心臓と心嚢膜の間に液体が貯留すること)などの体液の貯留にたいして針を刺入する場合には、十分な皮膚の消毒が必要になります。また、関節包や脊髄内、骨髄内などに針を刺入する場合にも、皮膚を充分に消毒する事が重要になります。また関節内や体腔内にアプローチする手術の際にも、術野に持ち込む細菌数を出来る限り少なくするため、術前に皮膚の消毒を行います。

 

▽追加事項

消毒としては「無意味」でも、動物に注射をする際には、ときとして「アルコール」が便利な場合があります。動物の皮膚には「被毛」が密に生えているため、アルコールで毛を濡らして皮膚が直接肉眼で確認できる状態にすると、注射をしやすい場合があります。また、静脈注射の際には、アルコールで毛を除けて、血管が見えやすいようにすることで注射がしやすくなります。従って、このような目的で注射の前に「アルコール綿」を使用することがありますので、ご了承下さい。

1 2 3 4 5 6 7 13