ブログ・コラム|大田区の動物病院なら、動物病院エル・ファーロ

  • 大田区・動物病院エル・ファーロ・電話
  • 大田区・動物病院エル・ファーロ・メニュー

2004.08.07(土)

神戸新聞(2004/4/11)
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/0411ke24050.html

 

《コメント》

 (以下引用)
「神戸市内の六十代男性が、書籍などで「がんが消える」とうたわれ、人気を集める健康食品アガリクスを飲み始めてから三週間後に劇症肝炎を発症、その後死亡していたことが十日、分かった。病院側は「アガリクスが原因と疑われる」と指摘しているが、報告を受けた厚生労働省は「因果関係がはっきりしない」などと情報の公表を見送った。 」 (以下省略)

 

というのが記事の内容。結局この患者が「複数の健康食品を服用していた」ということと、使用したアレルギー検査の特異性が低いことを理由に、「因果関係がはっきりしない」ということになり、公表を見送ったらしい。「疑わしきは罰せず」という、医薬品なら考えられない寛大な措置ではある。輸入ダイエット用サプリなどでは頻繁に、死亡事故を含む重篤な副作用が発生しており、「健康食品」だから、「サプリメント」だから、と言って、盲目的に「安全である」と信じることは、ときとして危険である。「薬効を期待する」ということは、「生体に対して何らかの薬理作用を及ぼす」ということであるから、「効果がある」と「副作用がある」ということは表裏一体で、それは「健康食品」だろうが「医薬品」だろうが、基本的には同じことである。ただ、「医薬品」の方は「医薬品」としての認可を取るために有効性と副作用のデータが必要であるのに対して、「健康食品」は法的には「食品」とみなされる為、有効性のデータも副作用の報告義務も無い、ということから、見かけ上「健康食品」には副作用がない、というように見えてしまうのだろう。

ところで、「アガリクス」には「薬効」があるのか、という疑問が当然沸いてくるのではないだろうか?ちなみに、厚生労働省の関連機関である「独立行政法人 国立健康・栄養研究所」では、各種「健康食品」に関する情報を公開してるが、アガリクスに関する情報はここで見ることができる(開いたページの「同意する」をクリックすると情報を見ることができる)。ここで判るように、アガリクスには「有効性」も「安全性」も、今のところ信頼できるデータはひとつもない、ということのようである。かろうじてマウスによる基礎実験の報告があるが、マウスとヒトでの効果を同じに論ずることは危険である。

結局今回の記事にある「劇症肝炎」がアガリクスによるものかどうかは不明である。ヒトに対して殆ど「薬効」がないということなら、副作用もそれ程重篤なものは無いようにも思えるが、はっきりしたことは判らない。アレルギーはどんな食物でも起こり得るから、そういった意味での危険性は十分に考えられる。しかし、「有効性」のはっきりしないものを、わざわざアレルギーのリスクを冒して服用する意味とは、一体何なのだろうか?

犬や猫では今のところこのような副作用の報告はないが、「安全」と「リスク」に関して、これからもう少し真剣に考えてゆく必要があるだろう。

2004.08.07(土)

YOMIURI-ON LINE「医療と介護」
(2003年11月12日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/life/li3b1201.htm

 

《コメント》

「風邪は風邪薬では治らない」、実はこれは至極当たり前のことなのですが、一般的には殆ど知られていません。今回「日本呼吸器学会」により、いわゆる「風邪」の定義とその治療法のガイドラインが示されたことは、非常に興味深いことです。やはり、むやみやたらに「風邪薬」を服用するのは、これからはやめた方がよいということでしょう。危険なのはなにも、「中国製ダイエット食品」だけではない、ということでしょう。

以下は「風邪の常識 13か条」とでも言うところでしょうか、記事からの引用です。

 

1〉自然に治るもので、かぜ薬で治るのではない。

2〉普通は3-7日で治るが、14日程度かかる場合も。

3〉ほとんどがウイルス感染。ただし、インフルエンザを除いて、有効な抗ウイルス薬は存在しない。

4〉抗菌薬(抗生物質)はかぜに直接効くものではない。

5〉抗菌薬を乱用すると、下痢やアレルギーの副作用や薬が効かない耐性菌を生み出す危険がある。

6〉かぜ薬は、症状の緩和が目的の対症療法にすぎない。

7〉多くのかぜ薬、特に総合感冒薬は、連用すると発疹(ほっしん)や発熱、胃腸障害など副作用の危険がある。

8〉発熱は体がウイルスと戦っている免疫反応で、ウイルスが増殖しにくい環境を作っている。

9〉解熱・鎮痛薬は、症状が激しい場合にのみ頓服として使う。アセトアミノフェンなど作用が穏やかな薬が推奨される。

10〉十分な食事が取れない時や消化性潰瘍(かいよう)がある人、アスピリン喘息(ぜんそく)、腎不全の人はアスピリン、イブプロフェン、ナプロキセンなどの解熱・鎮痛薬は飲んではいけない。

11〉症状の持続(4日以上)や悪化が見られる時は医師の診断が必要。

12〉予防にはうがい、手洗いが有効。うがいには殺菌効果があるポビドンヨード(イソジン)が望ましい。

13〉発症時、特に発熱時に最もウイルスをうつしやすい。

(「成人気道感染症診療の基本的考え方」より)

 

風邪はウイルス病なので、抗生物質はもちろん効きません。くれぐれも無駄な抗生物質は飲まないようにしたいですね。また、インフルエンザは「飛沫感染」しますが、風邪は基本的に「接触感染」です。従って予防は「手洗い」が一番重要となります。そして、そこら辺を触った指で鼻の穴や口の中に指を入れないこと(これは実は結構難しい)。指先の皮膚に付着したウイルス粒子が粘膜から感染することになるからです。
「うがい」の効果は実は疑わしいと思っているのですが・・・。まぁするとなんとなく気持ちがいいので、して悪いことはないでしょう。ただし、うがいにポピドンヨードを使用する必要があるとは思えません。ちょっと揚げ足を取ると、「風邪はウイルスが原因」と言っておきながら、「うがいには殺菌効果のあるイソジン」って、何か言うことが矛盾しているとは思いませんか?うがいで洗浄できる範囲って、気道の中の極めて狭い範囲でしかないし、もし「洗うこと」で風邪のウイルス感染を防ぐことができるなら、鼻腔内も気管も気管支も肺胞も、全部洗う必要があるのではないでしょうか?でも実際にそんなことはできませんね。
しかし、それはそれとして、大部分は、うなずける内容となっています。つまり、基本的に体を休めて放っておけば、風邪は数日で自然に治るのです。しかし日本ではこの「仕事を休む」というのが一番難しい・・・・。

2004.08.07(土)

http://www.asahi.com/national/update/0729/025.html
↑アサヒ・コムからの引用です。リンクが切れてしまっているので、全文を引用します。悪しからず。

 

市販のかぜ薬を含む様々な薬の副作用で、皮膚がただれて失明したり死亡したりすることもあるスティーブンス・ジョンソン症候群(SJS、皮膚粘膜眼症候群)が、01年4月から03年10月末までの2年7カ月の間に1064例報告されたことが29日、厚生労働省のまとめでわかった。
 SJSは1922年に米国で発見された疾患で、抗生物質や痛風、てんかん治療薬など様々な薬の副作用で、100万人当たり年間1~6人発症するとされている。
 報告のうち、かぜ薬などの市販薬が58例含まれていた。また、今回報告された事例に関係があるとみられる成分は283成分だった。702例は症状が軽くなったが、106例が薬とのかかわりによって死亡、ほかに後遺症や未回復の例もある。
 同省は、過去の2回のまとめに比べて発生の傾向に大きな違いはないとしたうえで、「赤い発疹が広がる症状が出たら、服用をやめ、皮膚科に受診してほしい。医師も経験することが少なく、症状が出たら投与をすぐにやめるなどの対応が重要だ」と強調している。
(07/29 19:21)

 

《コメント》

どんな薬でも「副作用の無い」薬は無い。これは「漢方薬」だろうが「健康食品」だろうが、同じことである。だからと言って、薬を毛嫌いして何でも「自力で治す」と言う考え方が良い、ということではないだろう。「自然治癒力」というフレーズは、ときとして「まやかし」である。ただ、「風邪は風邪薬では治らない」というのは、医学的知識のある人達にとっては半ば常識である。つい昨年も呼吸器学会がまとめた所謂「風邪」に関するガイドラインの中でも、「風邪薬は殆どの風邪には効かないので、安易に飲むべきではない」ということをはっきりと言っている。殆どの風邪が、ウイルスが原因で起こるのだから、抗生物質など効くわけが無いのは自明であるが、実際にはいまだに多くの医療機関で、安易に無駄な抗生物質が処方され続けているのだろう(もちろん動物病院でも!)

「てんかんの薬」や「通風の薬」など、有効性が期待できるのならそれに見合うリスクを背負うことも仕方が無いだろうが、風邪薬に対する抗生物質や解熱剤など、無駄なことが明らかでなおかつリスクだけが存在する場合、これらの薬を服用するのは単に危険なだけの行為である。

不要な薬物は、できるだけ口にしないのが懸命だということだろう。しかし、どれが『必要』で何が『不要』なのかを見極めることが、実際には難しいのかもしれない。

2004.08.07(土)

2000年4月16日 読売朝刊
http://www.npojip.org/druginfo/yomiuri16apr2000.htm

 

以下、読売新聞からの引用

◆「疑わしき」状態 安易な処方危険
インフルエンザにかかった子供が、急に意識障害に陥り、死亡や重い後遺症に至る脳症が、多発しているのは日本だけだ。
厚生省研究班は、脳症患者を調べた結果、解熱剤のジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸を使った場合、死亡の恐れがそれぞれ三・一倍、四・六倍高まった、と報告した。これら二剤は非ステロイド系抗炎症剤と呼ばれ、作用が強い。
(以下省略)

 

《コメント》

ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)という解熱剤による事故は幾つか報告されている。消炎剤、解熱剤としては強力で比較的有用なのだが、そもそも風邪やインフルエンザのようなウイルス感染症で、解熱剤を使用すべきかどうかは甚だ疑問である。上に引用した読売新聞の記事にも、

「そもそも解熱剤では、風邪やインフルエンザを治せないばかりか、発熱は、体がウイルスと闘うための正常な反応で、解熱剤を使うと体の防衛力を弱め、発熱期間が長引くという報告もある。米国では、40・5度以上の高熱には解熱剤を使うとされるが、推奨される薬は、比較的作用の弱いアセトアミノフェンなどで、強力で副作用の強い抗炎症剤は使わない。」

とある。解熱剤の使用については、以下のサイトの記述が非常に示唆的であるので紹介する。
よしだ小児科クリニック「医薬分業のすすめ」< http://www2.nsknet.or.jp/~s-yoshi/netu.htm>

無駄な解熱剤の使用は危険なことは解っているが、患者(またはその母親)が欲しがるから処方する、薬を処方しないと患者が減る、という「事情」が背景にはあるらしい。これは抗生物質でも同様の状況。日本の動物病院では、「元気が無い」という主訴で動物を病院に連れて行くと、ビタミン剤と抗生物質を注射してくれるところが結構あるらしい。抗生物質で「元気が出る」というのは聞いたことが無い。しかし、注射をこよなく有難がる傾向が、日本人にはあるというのは否めない事実だろう。

1 8 9 10 11 12 13